ダイエットレシピまとめ(低カロリーで痩せる料理)

おいしく痩せたい女子必見のダイエットレシピ

同じダイエットをするなら苦しみながら痩せるよりも、
楽しみながら食べるものは食べて痩せる方がいいですよね。

毎日同じような栄養の少ない食事ばかりでは身体の健康も心配です。
今回は、口コミで評判になっているダイエットレシピをまとめてみました!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スザンヌ流のデトックススープのつくり方

デトックスのスープはダイエット効果があるだけではなく、
美容にもとてもいいスープです。
トマトはリコピンと食物繊維が豊富で代謝を良くしてくれ、
痩せて老化予防にもなれば最高ですよね。
それではデトックススープのレシピです。

●用意する材料は、
・鳥のささみ  ・トマト缶1缶
・キャベツ半玉 ・玉ねぎ3個
・ピーマン1個 ・セロリ1本
・しょうが1片 ・チキンスープの素
・水2000cc

●デトックススープの作り方
まずはじめに野菜と鳥肉をを食べやすい一口サイズに切っていきます。
それが終わると、鍋に切った野菜と肉を入れて、トマト缶をドバっと入れます。
次に水を2000cc入れて鶏がらスープの素を入れて煮込んでいきます。
野菜が柔らかくなれば食べられますが、しっかり時間をかけて煮込むことで、
更においしくデトックススープを食べることができます。

100日で20キロやせたダイエットレシピ

単品ダイエットではなく、きちんと食事をとって痩せた食事にレシピです。
ご飯や汁物、野菜、肉とバランスよく加えることで健康面も安心ですね。

この方法は、食事だけのダイエットではなく、もちろん運動も含めてのダイエット方法です。
ご飯は1食あたり0.5合、味噌汁は1日3食分を1回で作り、玉ねぎ・シイタケ・なめこ・豆腐を入れてます。次に豚肉と野菜(玉ねぎ・キャベツ・エリンギ・にら)を蒸します。デザートは寒天ゼリーとなっています。
食べる順番にも注意して、味噌汁⇒野菜⇒肉⇒ご飯という順番です。

黒豆ダイエットで使う酢漬け黒豆のレシピ

内臓脂肪が気になる方や、低インシュリンダイエットに効果的です。
コツは、ご飯を食べる前に5粒から10粒を目安にゆっくりよく噛んで食べることでダイエットに役立ちます。

●酢漬け黒豆の作り方
1、まずはじめに黒豆を水洗いしていきます。
 黒豆は皮がはがれやすいので、優しくゆっくり洗いましょう。
2、ザルで水気を切ります。
3、フライパンで黒豆を炒っていきます。油は入れないように
4、熱を冷まして密閉ビンにいれます。
 黒豆が酢を吸って大きくなるのでビンの3分の1までにしてください。
5、穀物酢をビンの3分の2の高さまで入れます。
酢が減っていたら継ぎ足して、数日して限界まで黒豆が酢を吸ったら、
1週間ほど冷暗所で保存をして食べごろになります。

カロリー半分のカルボナーラのレシピ

おいしいカルボナーラなのにカロリーが半分ってダイエット中にはうれしいですよね。

作り方は、
1、1人前のパスタをゆでます。
2、ボールに卵黄だけを入れます。
3、次に粉チーズを入れます。
4、60度くらいに温めた牛乳を入れて混ぜます。
5、エノキをフライパンで炒め蒸します。
6、最後にパスタとソースをからめて完成です

味の調整は塩コショウで行ってくださいね。
牛乳だけではなく豆乳を使ってもおいしく、ダイエットもできますのでチャレンジしてみてください。

ギャル曽根が旦那を10㎏以上痩せさせたダイエットレシピ

もっちもちな触感のジャガイモけんちん汁のレシピ。
ダイエットで評判の料理レシピ
野菜をしっかり食べて、短時間でできるダイエットけんちん汁。
作り方は動画でチェック
オススメのダイエットレシピ

(4人前の材料)
●じゃがいももちの材料
じゃがいも 1個(大きめ)
片栗粉 大さじ1(9g)
お湯 大さじ1~2
●けんちん汁の材料
大根 約5cm分(約100g)
にんじん 3分の1本(約40g)
ごぼう 3分の1本(約40g)
れんこん 2分の1本(50g)
生姜 15g
木綿豆腐 100g
だし汁 3カップ
ごま油 小さじ1(4g)
醤油 大さじ2(36g)
酒 大さじ1(15g)
塩 1~2つまみ(1~2g)
水溶き片栗粉(とろみ用) 大さじ1~2(片栗粉量 9g)
青ネギ 適量

その他、
まいたけダイエットの方法とレシピはこちら⇒
朝バナナダイエットの方法とレシピはこちら⇒
豆乳クッキーダイエットの方法はこちら⇒


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング