黒酢ダイエット

黒酢と香酢で太らない体質へ

黒酢のダイエット効果とは

肉が大好きな人はいっぱいいますよね。でもダイエットのために
肉を食べることを我慢している人も多いと思います。
肉を食べても痩せられる方法をご紹介します。

黒酢には、脂肪の吸収を抑えて、脂肪の燃焼を促すという2つの
働きがあります。でも黒酢のなにがダイエットにきくんでしょうか。
じつは、黒酢のにはダイエット効果を促すアミノ酸が豊富に含まれて
いるんです。このアミノ酸には脂肪の吸収を抑える抗肥満アミノ酸と、
燃焼を促す脂肪燃焼アミノ酸の両方が含まれています。

黒酢のダイエット効果①
「抗肥満アミノ酸」は油を体内に吸収させない働きを持っています。

油は体内に入ると吸収されやすいように分解されます。しかし、黒酢に
含まれる抗肥満アミノ酸が脂肪の分解と吸収を妨げるため、油は体脂肪
になることなく排出されてしまうのです。

黒酢のダイエット効果②
「脂肪燃焼アミノ酸」はたまった油を燃やす働きを持っています。

体脂肪を燃やすタンパク質UCPは普段は眠ったままなんです。
しかし黒酢を飲むと脂肪燃焼アミノ酸が働いて、UCPが活躍しやすい
環境を作り出します。その結果、どんどん体脂肪が燃やされるんです。

ダイエット中も肉を食べたい人は黒酢を飲めばいいのです。
でも黒酢にはたくさん種類があるので一体どれを飲めばいいんでしょう。
黒酢の中でも効果が一番期待できるのは鹿児島地方の壺酢だそうです。
壺酢にはダイエット効果があるアミノ酸がたくさん入っています。
壺酢は200年前からかわらぬ伝統の製法で作られています。
ここにダイエット効果を生み出す秘密があるんです。

アミノ酸が多い秘密①
材料の玄米をたくさん使う

普通の米酢を作るときの10倍の米を使います。
壺酢を作るには良質な玄米をたくさん使います。この玄米から大量の
アミノ酸が壺酢の中に溶け込んでいくのです。

アミノ酸が多い秘密②
1年以上かけたゆっくりとした熟成

壺酢は1年半かけてゆっくりと熟成します。ゆっくりと熟成されることによって
玄米に含まれるすべてのアミノ酸がすべて酢の中に溶け込むのです。
アミノ酸の働きで味がマイルドになるんです。

しかし、鹿児島で作られている黒酢よりも中国の香酢の方が、はるかに
アミノ酸の含まれている量が多いんだそうです。
香酢のアミノ酸の量は世界一
香酢のアミノ酸の量は壺酢の3倍あるんだそうです。

ダイエットで香酢を飲まれる方は、香酢を水で4~5倍にうすめて
そのまま飲んでください。1日に3回食後に飲むのが効果的です。
でも香酢は独特の風味があるため少し飲みにくいんです。

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング