ピラティスでお腹周りの脂肪をおとす

ピラティスで腹筋をきたえる

自宅で楽しくできてお腹の筋肉も鍛えられる運動

運動の途中の手はくるぶしかふくらはぎにそえておこなってください。
マットなどを下にひいて行うとより安全におこなえます。

まずは体操座りになってつま先を立てて床につけます。
手はくるぶしにそえてください。

そこから後ろにボールのように転がってゆっくり起きて
もとにもどります。起き上がりこぶしのようなかんじで
おこなってみてください。
息を吐きながら起き上がります。その時にお腹にぐっと力を
入れて、お腹をへこますようにおこなってください。

10回連続でおこなえるようになった方は、タオルなどを
挟むようにしてください。足の力を使わないように、起きる
練習をおこなっていきます。
後ろに転んでバランスをとりながら起き上がります。
この時足は、床につかないようにします。お尻でバランスを
とるような感じで、おこなってください。
これも連続で10回おこないます。

ピラティスで骨盤のゆがみを改善

骨盤のゆがみを解消したらお尻もお腹もすっきりします。
ピラティスのムービングブリッジという方法をおこないます。

まずは足を腰幅にひらいてひざを立てたまま、ゆっくりと
仰向けにねます。骨盤の出でいる骨を意識しながらおこなってください。

ゆっくりと息を吐きながらお尻を締めてお尻を上げていきます。
体が斜め一直線になるまで上げていきます。
その状態でお尻の高さを保ったまま、骨盤の骨の位置を左右に
ひねっていきます。ゆっくりと10回おこなってください。
10回おこなったら、ゆっくりとお尻を下げて元の位置にもどって
ください。これを3セット繰り返します。
終わったらひざをかかえてリラックスします。

肩甲骨まわりと骨盤まわりを緩める方法

まずは仰向けでねます。足は腰幅に開いて、手はひじを緩めた
状態で楽に上に伸ばしてください。

肩甲骨と骨盤を動かしながら上にのぼっていきます。
背中でマットをこするようにして、ゆっくり上にあがって
ください。この方法がやりにくい人は、もっとゆっくりで
脇腹を伸ばしながら進むようにおこなってみてください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング